英語学習

電話で使える英語表現 Don’t hang up!

更新日:

 

こんにちわ!!

今回は電話で使える英語表現を紹介していきます!

普段話さない表現があるからこそ、覚えとかないと言えないことが多いのでぜひ覚えていきましょう!

 

Hello? もしもし?

Hello は挨拶以外にも、日本語で言う「もしもし」に相当する意味も持っています。

電話でももちろん、例えば誰もいないお店とかに入った時に、

“Hello? someone’s in there?”

「もしもーし、誰かいますか?」

のような呼びかけとしても使えます^ ^

 

Can you hear me? 聞こえる?

Hello? のあとによく続くひとことですね。

逆に「聞こえないよ〜」というときは、”I can’t hear you.”となります。

Adeleの”Hello”という曲の冒頭が、”Hello Can you hear me”ですよね^ ^

 

You there? 聞こえてる?

日本語では聞こえてる?としましたが、”Can you hear me?”とは少し違う意味があります。

例えば、会話が少し途切れて、電話が繋がっているか確認するときに言います。

「あれ、まだいる?(繋がってるよね?)」というニュアンスです。

“Are you (still) there?”が正しい言い方ですが、短縮して、”You there?”で大丈夫です^ ^

 

Wait for a second… ちょっと待ってな、、

「メモ取るからちょっとまってな〜」みたいな、電話は繋げたまま少しだけ時間をもらうときに使います。

Hold on…

も同じ意味として使えます!

“Okay, let me check my schedule. Wait for a second, i’ll be right back.”

「おっけー、スケジュール見させてな、ちょっと待ってや〜、すぐ戻る。」

という感じです!

「〜させて」は”Let me ~”で表すことができます。

これもかなり高頻度で使いますので、合わせて覚えちゃいましょう。

“Let me shoe you photos i took yesterday.”

「昨日撮った写真みしてあげるよ。」

というふうに使えます^ ^

 

I’ll call you back soon! すぐ掛け直す!

忙しいときに電話がかかってきた場合のフレーズです。

“Oops I’m sorry I’m busy now, I’ll call you back later okay?”

「ごめん今忙しいんよ。また掛け直していい?」

というふうに使います。

laterは後で、になりますが、soonならすぐに掛け直すというニュアンスです。

 

I got cut off. 切れちゃった。

相手に切られたりではなく、電波が悪かったり、なにか他の原因で電話が切れてしまった場合に使います。

そのまま覚えちゃいましょう。

 

Don’t hang up. 切らないで。

これも覚えていた方がいいですね^ ^

“Hold on… Don’t hang up…”

「まってな〜、、切らんといてな〜」

というふうに先ほどの表現と組み合わせて覚えましょう!

 

I’ve got bad connection. 電波悪い。

“Heyyy, can you hear me? I’ve got bad connection.”

「おーい、聞こえる?電波悪いわ。」

のように使えます。

I got bad connection.にしてしまうと過去形になってしまうので、現在完了形で継続の意味を忘れずに。

こういう些細なことは重要なので、発音も含めてしっかり違いははっきりさせましょう。

伝わりはしますが、そういった文法の間違いはあまりいい印象を与えません。
少し下に見られたりもしますので、「まあいいや。」とは言わずにしっかり覚えてくださいね^ ^

 

以上です!!

英語で電話する機会はあまりないかもしれませんが、だからこそしっかり頭に入れて、いざそういう場面になってもスラスラ出てくる状況にしておきましょう^ ^

 

どれでは!!

ぜひシェアしてください :)

-英語学習

Copyright© 世界を愛そう(まずは英語から) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.