英語学習

英語で大事なのは単語?

更新日:

 

こんにちわ!

今回は英語を勉強していく上で何が1番大事なのかについて書きたいと思います。もちろん僕の個人的意見なので、これが正しい正しくないとかじゃないです!

ちなみに勉強法とかはまた別の記事で書こうと思っていますので^ ^

 

それではいきます!

 

英語の三大要素

一般的でもあると思うのですが、英語は

  • リスニング
  • スピーキング
  • ボキャブラリー

の3つの要素が揃えば揃うほどもりもり上達すると僕は思っています^ ^

英語を勉強している方たちは、「リスニングってどうやって鍛えたらいいん。。」、「聞けるけどスピーキング全然できひん。。」のような悩みを抱えてることが多いように感じます!

それで今回は「この3つのなかでどれが1番重要なのか」についてです。

 

先に結論から言うと、「場合による!」です笑

答えになっていないようですが、説明していきます。

僕が1番好きな部分である”コミュニケーション”という点から言うと、僕は「リスニング」が1番大切になってくると思います。

話すんやからスピーキングちゃうん?ってなりそうですが、

僕の経験からはリスニングだと思います!

極端な例になりますが、僕は基本的に不自由なく英語を話せますが、オーストラリアに行ったときに出会った人たちの中で、めっっちゃ訛りが強い英語を話す人たちがいました。(特におじさんが多かった笑)

そのときは本当に手も足も出ないレベルでした笑

ギリギリ聞こえた単語を拾って何を言っているのか推測して、、という感じだったんですが、ほとんど一方的に話されてるような状況で、僕は言われたことに返答しているだけでした。

いくらスピーキングができても、相手の言っていることが分からない(聞き取れない)とコミュニケーションは成立しないような気がします。

逆に、スピーキングがそこまでできなくでも、相手の言っていることが分かれば、ジェスチャーや片言の英語でどうにかして答えればコミュニケーションは前者よりも深いものになると思います。

なのでリスニングは大事だなあとつくづく思います!

英語はいろんなアクセントがありますしね。

さらに、リスニングができるようになってくる、もしくはできるようになるためには、”発音”がとても重要になってきます。

よく言われる、”B”と”V”、”L”と”R”、あと僕がよく思う子音だけの発音に母音をつけてしまったり。

そういう部分で弱いままだとリスニングも当然できません。

「テレム?聞こえたけどテレムってなんや。。」

tell them(tell’em) なんですよ!でもわからないんです。”テルゼム”で覚えてしまっているからです。

もっと言うと、テレムでもないんです。頑張って文字で表現すると本当は、テレmなんです。笑

テレムと言ってしまうと、最後に母音のuの音が追加されてて、英語で書くと”tell themu”みたいな意味わからんことになるんです笑

これが先ほども書いた子音だけの発音に母音をつけてしまうやつです。

日本語の構造なのでやってしまいがちですよね。

具体的な話は別の記事でしようと思ってたのに少し脱線してしまいました笑

 

まあこんな風に、発音の上達にもかなり密接につながっているのでリスニングは大切です!

 

しかし!

リスニングがよりできるようになるには、もちろん3つ目のボキャブラリーが必要ですよね笑

じゃあボキャブラリーが1番大事なのか?となってきますが、答えはないと思うので深い議論はやめましょう笑

僕の高校のときの英語の先生が「英語は単語です。」といつも言っていましたが、その通りであり、そうでもなかったりですね。

 

また、メールのやりとりや書面でのやりとりになると、リスニングは全く必要ないですよね笑

 

このように It depends.なんです。

ただ僕はコミュニケーションが好きで英語を勉強しているし、多くの方がそうだと思うので、まずはリスニングに力を入れてみてはどうでしょうか^ ^

 

それでは!

ぜひシェアしてください :)

-英語学習

Copyright© 世界を愛そう(まずは英語から) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.