英語学習

英語でありがとう・どういたしまして

更新日:

 

こんにちわ!

今回は「ありがとう」「どういたしまして」のいろんな言い方を紹介します!!

みなさんご存知なのは”Thank you””You’re welcome”だとおもいますが他にも言い方はいくつかあります^ ^

Thanks ~~

短縮系のThanksのあとにいろいろつけるタイプです。

Thanks a lot

Thanks a million

などなど、おそらく他にもたくさんあると思いますがよく聞くのはこのふたつです^ ^

Cheers!

乾杯!のときにもつかわれるCheers!ですが、ありがとうの場面でも使われます!

僕の経験上、イギリス(オーストラリアやニュージーランドなども)の方達がよく使っているような気がします。

アメリカの方も使うのかもしれませんが、僕はそこまで詳しくありません。。

ただ、「ありがとう」の場面では間違いなく使えますのでぜひ!!

 

I appreciate that.

こちらも「ありがとう」の場面で使いますが、少しかしこまったニュアンスです。

日本語で説明すると、「感謝してるよ」「恩にきるよ」などと同じ感じだと思っていただいて大丈夫です^ ^

“Thanks buddy, I appreciate that.”

「ありがと、恩にきるよ。」

のような感じですね!!

 

Thank you for ~~

〜〜してくれてありがとう、など相手のしてくれたことに対して感謝の気持ちを伝えたい場合は”for”をつけます。

それがなにかの行動である場合はing系をforのあとに続けてもらえればOKです!

“Thank you for coming today!”

「今日は来てくれてありがとう!!」

となるわけです^ ^

物の場合はそのままつなげます。

“Thank you for the present.”

「プレゼントありがとう。」

簡単ですね^ ^

 

続いてYou’re welcome以外のどういたしましてです!!

 

That’s alright.

 

全然いいよ〜。

のニュアンスです。

よく使います!表現自体は超シンプル超簡単なのでガンガン使っていきましょう!

 

No problem! / No worries!

これも同じ意味です^ ^

日本語が話せる外国人の方と電車で会ったときに、僕が落とした定期入れ(やったかな。。)を拾ってくれて、「ありがとう」というと、「問題ないよ!!」と元気よく返してくれました。

日本では「ありがとう」に対して「問題ないよ」とは返しませんが、”No problem”をそのまま日本語にしたらそうなりますよね^ ^

これを聞いたとき僕は、ああ〜、言語って面白いなあ。と思いました。

No worries!はオーストラリアの方がよく使っているイメージです!!

 

Any time!

これは、直訳すると「いつでも!」ということになりますが、「いつでも頼ってね。」という意味です^ ^

僕は言う習慣がついていないので、まだ出てこないんですが、女性の友達からよく言われる気がします。

すてきな表現ですよね^ ^

 

 

はい!

今回はこれくらいにしておきましょうか。

 

Thank you

You’re welcome

以外にもいろいろ表現がありますよね。

どんどん覚えて表現豊かになっていきましょう^ ^

 

それでは!!

 

ぜひシェアしてください :)

-英語学習

Copyright© 世界を愛そう(まずは英語から) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.